新年のご挨拶

明けましておめでとうございます。
平素はご愛顧を賜わり、厚く御礼を申し上げます。

昨年はコロナ禍が長く続く中、緊急事態宣言の延長や繰り返し、そのような中で東京オリンピックが開催されました。
その頃から感染者が激減し、世の中が活気づいてきたかと思ったのも束の間、新たな変異株の発生で先が読めない状況で新年を迎えました。

けれども、このような時だからこそ、私たちは今までできなかったことに挑戦をしたり、新しい取り組みに時間やエネルギーを使っていこうと考えています。
時代の急変や想定外の事態にも適宜対応できる総合的な力を蓄え、弊社のテーマである「しなやかに」「たおやかに」をより高めていきます。

何卒変わらぬお引き立てを賜りますようお願い申し上げます。

皆様におかれましても、新たな気持ちで新年を迎えていらっしゃることと存じます。
どうぞ2022年がより輝かしい年になりますよう、心よりお祈り申し上げます。

2022年1月吉日

令和3年度 経済産業省 国際化促進インターンシップ事業 成果発表会

10月にスタートした「令和3年度 経済産業省 国際化促進インターンシップ事業」が無事終わりました。
弊社では1名の海外インターンシップ生を受け入れ、準備期間を含め約4ヶ月間、この事業に取り組んできました。
終了にあたり、インターンシップ事業に参加した日本企業と海外インターンシップ生による成果発表会が行われました。

日本企業がインターンシップから得られたこととして、
・インターンシップの準備をすることで、「自社の良さ」や「仕事の意義」、「日常業務の手順」などを見直す機会になりました。
・海外現地ならではの細かい分析により、今後の展開に関して非常に有益な情報を得ることができました。
・海外インターンシップ生と仕事をすることで、日本と異なる海外現地の文化や慣習を理解することができました。
・インターンシップを通して、グローバルな感覚を身につけることができました。
などの声がありました。

海外インターンシップ生からは
・自身の知識とスキルを実践する方法や、情報収集し、要約・分析する能力が身につきました。
・母国と日本企業両方の人事の方針を理解することで、大学卒業後の進路選択で自分に合った会社を選びやすくなりました。
・時間管理能力、コミュニケーション能力、課題分析能力を伸ばすことができました。
などが挙げられ、全ての企業とインターンシップ生それぞれが有意義な経験となったようです。

弊社のインターンシップ生は優秀で、かつ積極的に活動をしてくださいました。
他社の報告でも皆さんインターンシップ生の方が自ら課題解決しようとする姿勢があり、とても意識レベルが高いというお声が多かったです。 

総じて、この事業は日本企業に新しい刺激を与えてくれたようです。
今回のインターンシップで得られた経験を今後の事業に活かしてまいります。

国際化促進インターンシップに参加しています

大学にて「女性仕事講座」の授業に登壇しました

女子大学にて講義を行いました。 この授業は、様々な業界から第一線で働く女性が登壇し、それぞれの視点から企業人としての経験をお話する授業です。私はこの講義に「しなやかにはばたくために」というタイトルをつけました。それは、人生にはいろいろなことが起こり、良いことも悪いこともありますが、どのようなことがあっても柔軟でしなやかに対応できる女性になって欲しい、という想いからです。
以下は受講した女子大学生の感想文です。

女性仕事講座第四回(5月19日)
~働く女性からのメッセージ~
「しなやかにはばたくために」
       (株)サナ・クリエィティブ代表取締役        
  メイクアップアーティスト,ヒューマンクリエィター
        永 野 さ ち 子 様

 今日の講師の永野先生は、広告、CM、雑誌などメディアのメイクアップアーティストとして、永年第一線で活躍されている方です。あわせて、メイクセミナーや身だしなみ・マナー講座の講師として、高校・大学・企業などでメイクを通じて人とのコミュニケーションの楽しさを伝えておられる先生です。
メイクアップアーティストを目指す方はおおいのですが、外から見える部分とその現実とはギャップもあり一人前になるにはなかなか厳しいとのことです。また撮影現場でのお話しでは永野先生の接してこられたタレントさんや俳優さんは若くてもしっかりしたポリシーをもっていることに感心させられるとのことで、私たち学生の知らない部分のお話を伺い、私たちもそのような姿勢は見習わなければいけないと感じました。  
 永野先生は、メイクセミナーのお仕事を最初に受けたときに、メイクアップや外見を整える事はその人自身の意識を高めたり、より元気をもたらすきっかけ作りになる、そのような事を多くの人に伝えたいと思い講座を引き受けられたそうです。
 いろいろな出会いがその人の人生を左右することから、第一印象は重要で、外観は55%、身のこなしやしぐさ、態度などは38%と9割以上のウェイトをしめています。話の内容も大事だけれど最初の出会いではわずか一割にも満たない。わずか数秒で決定する第一印象をどう高めていくかについてのポイントについて話をされました。メイクでは、色に加えて、線と形も重要で、曲線は優しいイメージを表現することなどこれからの毎日のメイクに大いに役立つお話でした。 
 実技では、私たちが今一番知りたい就職活動のためのメイク法について説明を受けました。現役大学生の自分メイクと、永野先生が施したメイクのビフォー&アフターをみて、こんなにイメージが変わるのかと驚きました。明るく元気な印象を与えるためにはどのようにメイクをすればよいのか、大変参考になりました。また、目標を持ってあきらめないで努力することが大切だというお話が印象深く残っています。 おしゃれは自分の為、一方身だしなみは、相手のためにというお話で、講義やDVDやパワーポイント、さらに実技をまじえた分かりやすくためになる講座を伺いました。 

     

国際化促進インターンシップに参加しています

経済産業省 「国際化促進インターンシップ事業」に参加し、海外インターン生を受け入れることになりました。

準備期間を含め活動期間は、10/15~12/22です。

今年度は新型コロナウィルスの影響により、人の往来を伴わないオンラインインターンシップとなりました。

今後、研修事業や美容品企画プロデュースをさらに海外へ事業展開するため、インターン生とともに活動してまいります。

コスメ開発事例について

2000年に入った頃から、異業種の化粧品業界への参入が増えていますが、小さな規模の企業においては専門知識を持つ人がいないけれど自社ブランド商品を作るケースが少なくはありません。
一貫して請け負う工場もあるのでPBの化粧品をつくることは可能です。しかしこだわりや想いをのせた化粧品を作りたい、ブランディングをはかりたい、というようなことをオリジナル化粧品に込めたい企業様もいらっしゃいます。そのような方々のサポートをすることも弊社の役割だと考えています。

このような背景の中、様々な商品を扱う商社様からオリジナルの化粧品を作りたい、というご相談を受け、企画から商品化までを任せていただくことになりました。
弊社の特徴・強みは、以下の4つのポイントです。

●商品開発・企画・制作・ディレクション
開発する商品のコンセプト作りから企画立案、パッケージング、ネーミングなど商品化に至るまで、現役のメイクアップアーティストの視点を活かし、クライアント様のスタッフになった気持ちでアドバイスします。

●マーケティングプロデュース
多種多様なクライアントニーズに合わせ、ブランド戦略・プロモーション・消費者の本音や動向を把握し、効果の高いプランやアイディアを考え提供します。

●人材育成
弊社独自の人材育成のノウハウにより、そのオリジナル商品の販売に介在する人材に対して個々のスキルアップと教育も伴わせて行うことが可能です。
「コミュニケーション力の向上」「ブランド力の強化」「CS向上」「メイクアップ技術」など、様々な角度からサポートします。

●海外サポート
諸国文化・適正などに合わせた最適な商品開発による商品ブランディングサポートや、マーケティングサポートをします。また、進出先の特徴・文化等を調査した上で海外進出計画コンサルティングを行います。

このような点を手厚くサポートさせていただいております。

こちらの写真は、実際の商品レシピが決まった段階で、クライアント、バイヤーの方たちと山梨県南アルプス市の工場を見学した時の様子です。